犬の拡張性心筋症は他の心臓病と違って診断と治療が難しいのが問題です

拡張型心筋症がいろんな意味で難しいとされる理由

 

犬 拡張型心筋症 治療 難しい

 

犬の拡張性心筋症は治療の難しさが最大の問題点です。基本的には治る病気ではないので、生涯にわたり薬を飲む必要があります。治らないのに薬を飲むのは何故か。それは、病気がこれ以上進行しないための予防と、拡張性心筋症による症状を和らげ、犬が苦しまないで生活を送れるようにするためです。治療薬として使われるのは血管拡張剤、強心剤、利尿剤などで、犬の症状に合わせて使います。

 

犬の拡張型心筋症の治療に使われる心臓病薬

 

 

ある意味、犬の心臓病の診断は容易であることが多いのですが、拡張性心筋症の診断はあまり簡単ではないのです。診断するには超音波で心臓を検査する必要があります。動物病院に愛犬を連れて行ったからといって直ぐには超音波検査はせず、先ずは聴診がされます。そこで、心雑音やギャロップリズムが聴こえたら、拡張性心筋症を疑うことができます。

 

 

犬 拡張型心筋症 診断 検査

また、心電図の測定も行い、頻脈や心房細動、心室性早期拍動が見られれば拡張性心筋症であることが疑えます。さらには心臓のX線検査を行い、心臓の超音波検査でその程度を判定する必要があります。しかしながら、このような心臓の検査は動物病院へ行けばどこででも出来るわけではないので、心臓を専門としている動物病院へ行く必要があります。このような意味でも、犬の拡張性心筋症の診断が簡単ではないということなのです。
 
犬の拡張型心筋症ってどんな病気?
心筋症は大型犬で多く見られる心臓病で、拡張型と肥大型の2つあります。共に犬が突然死することもある怖い病気ですが、拡張型心筋症と異なり、肥大型心筋症は犬が突然死をして初めて罹患していたことに気づくことの方が多いです。
拡張型心筋症は大型犬で発症数の多い心筋症です
コッカースパニエルを除き、ドーベルマンやグレートデン、ボクサー、アイリッシュウルフハウンドなどは拡張型心筋症が発症しやすい犬種として知られています。
拡張性心筋症になった犬は治療すればどれくらい長生きするの?
拡張型心筋症に限った事ではありませんが、愛犬が病気になると飼い主としては気が気でなりません。どうにかしてでも治って欲しい、元気になって欲しいと願うばかりです。でも、拡張型心筋症に罹ってしまうと、治療を行っても犬の予後は芳しくないのが現実です。

TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬