犬が僧帽弁閉鎖不全になる原因は?

僧帽弁閉鎖不全の原因は?

 

 

犬 僧帽弁閉鎖不全症 原因

そもそも、なぜ僧帽弁が不全になるのでしょうか?

 

残念なことに、原因がわからないのです。

 

もっと詳しく述べますと、僧帽弁閉鎖不全症の原因は僧帽弁の変性や腱索・乳頭の異常ですが、そうなる(異常になる)原因が不明なのです。

 

僧帽弁が閉鎖不全となる原因

 

弁の変性
 僧帽弁は二枚の弁で構成されています。この弁が時間をかけて次第に厚く変性し、うまく閉じなくなることで閉鎖不全を引き起こしてしまいます。

 

腱索の異常
 僧帽弁や三尖弁は腱索と呼ばれる丈夫な糸状の組織によって支えられ・引っ張られています。この腱索が伸びたり切れたりすることで弁の閉鎖不全が生じます。

 

乳頭筋の異常
 乳頭筋は心室壁に存在し、腱索を経て弁の動きに関与しています。この乳頭筋に異常があると、弁が閉鎖不全を起こしてしまいます。

 

先天的な奇形
 弁の閉鎖不全が上記のどのパターンで発症するにしても、この病気は先天的なものです。メス犬よりもオス犬にやや多く、犬種としてはウィペット、キャバリアキングチャールズスパニエル、チワワ、トイプードル、マルチーズ、ミニチュアシュナウザー、ペキニーズ、ボストンテリア、ポメラニアン、ミニピンに多いとされています。病気が好発する年齢としては10〜12歳ですが、キャバリアキングチャールズスパニエルに関しては5〜6歳ごろに発症することもあります。

 
僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気?
犬の僧帽弁閉鎖不全症は犬の心臓病の大半を占めます。僧帽弁が上手く働かないことで血液の逆流が生じ、心臓のうっ血から心不全、胸水や腹水の貯留など全身に影響が及びます。
犬が僧帽弁閉鎖不全症になるとこんな症状が見られます
犬が心臓病で苦しそうにしている。息をするのが苦しそう、全身で呼吸している、乾いたような咳をしている。食べなくなった、疲れやすくなった。僧帽弁閉鎖不全症を発症している犬にはこのような症状が見られます。
チワワやダックスなどの小型犬は僧帽弁閉鎖不全症になりやすい
僧帽弁閉鎖不全になりやすい犬の特徴として、小型犬である、老齢・高齢であるということがあげられます。ある種の小型犬に多い心臓病でありますが、必ずしも罹るわけではありません。
投薬による対症療法
僧帽弁閉鎖不全症を患っている犬の治療は、大半が投薬による症状を緩和させる対症療法となります。僧帽弁を物理的に治す外科手術は一般的ではないのです。
外科手術で治す僧帽弁閉鎖不全
犬の僧帽弁閉鎖不全症は外科手術で治すことができる心臓病です。上手く開閉できなくなった僧帽弁を手術によって正したり、人工弁に置換したりしますが、手術費用がとても高額になってしまいます。
飼い主が愛犬のためにできることとは?
僧帽弁閉鎖不全症は気づかないうちに進行する心臓病です。愛犬が心臓病と診断されたら誰しもが心配で不安になってしまいますよね。そんな時でも飼い主であるあなたが冷静になり、愛犬と一緒に心臓病と付き合う気持ちでいましょう。

TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬