僧帽弁閉鎖不全症になりやすいのはチワワやダックスなどの小型犬と高齢犬

僧帽弁閉鎖不全になりやすい犬種や特徴ってあるの?

 

 

僧帽弁閉鎖不全になりやすい犬には、高齢(老齢)である、ある種の小型犬であるといった特徴があります。

 

だからといって大型犬なら僧帽弁閉鎖不全になりにくいとは言えません。飼育されている数は大型犬よりも小型犬の方が圧倒的に多いので、相対的に小型犬に多く見られるとも言えますからね。

 

僧帽弁閉鎖不全症の多い犬種

 

 

キャバリアキングチャールズスパニエル   シーズー   チワワ   トイプードル   マルチーズ  ダックスフント   パピヨン   ポメラニアン   ヨークシャーテリア

ダックスフント 僧帽弁閉鎖不全  僧帽弁閉鎖不全 小型犬

 
僧帽弁閉鎖不全症ってどんな病気?
犬の僧帽弁閉鎖不全症は犬の心臓病の大半を占めます。僧帽弁が上手く働かないことで血液の逆流が生じ、心臓のうっ血から心不全、胸水や腹水の貯留など全身に影響が及びます。
犬が僧帽弁閉鎖不全になる原因は?
愛犬の様子がおかしいので動物病院で診てもらったら僧帽弁閉鎖不全症と診断されてしまった。という飼い主さんは少なくありません。そもそも、なぜ僧帽弁閉鎖不全となるのでしょうか。僧帽弁の開閉がうまくいかなくなる理由はわかっていても、それに至る根本的な原因はわからないのです。
犬が僧帽弁閉鎖不全症になるとこんな症状が見られます
犬が心臓病で苦しそうにしている。息をするのが苦しそう、全身で呼吸している、乾いたような咳をしている。食べなくなった、疲れやすくなった。僧帽弁閉鎖不全症を発症している犬にはこのような症状が見られます。
投薬による対症療法
僧帽弁閉鎖不全症を患っている犬の治療は、大半が投薬による症状を緩和させる対症療法となります。僧帽弁を物理的に治す外科手術は一般的ではないのです。
外科手術で治す僧帽弁閉鎖不全
犬の僧帽弁閉鎖不全症は外科手術で治すことができる心臓病です。上手く開閉できなくなった僧帽弁を手術によって正したり、人工弁に置換したりしますが、手術費用がとても高額になってしまいます。
飼い主が愛犬のためにできることとは?
僧帽弁閉鎖不全症は気づかないうちに進行する心臓病です。愛犬が心臓病と診断されたら誰しもが心配で不安になってしまいますよね。そんな時でも飼い主であるあなたが冷静になり、愛犬と一緒に心臓病と付き合う気持ちでいましょう。

TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬