犬の心臓病治療薬の種類は?@犬の僧帽弁閉鎖不全症と拡張型心筋症

犬の心臓病治療薬は病気を治すのではなく症状を緩和するものです

 

犬 心臓病 薬 種類

犬の僧帽弁閉鎖不全症および拡張型心筋症のどちらも、内科的な治療すなわち薬による治療が主となります。心臓病を治すのではなく症状を軽減・緩和し、また、症状の進行を抑制することで心臓にかかる負担を除き、毎日の生活を少しでも楽に送ることが出来るようにするのです。犬の心臓病治療で使われる薬には、ACE阻害薬、利尿薬、強心薬、血管拡張薬、βブロッカー、Caチャンネルブロッカーなどがあり、病状に合った組み合わせで使います。

 

犬の心臓病治療で使われている薬を下に載せてみましたので参考にしてみて下さい。

 

心臓病治療薬 種類
ACE阻害薬 エースワーカー添付文書、 エナカルド添付文書、 バソトップ添付文書、 フォルテコール
利尿薬 アルダクトン添付文書、 ラシックス添付文書、 ルプラック添付文書、 ラシックス

強心薬 アカルディカプセル添付文書、 ジゴキシン添付文書、 ベトメディン
血管拡張薬 ニトロール添付文書、 ニトロールR添付文書、 ノルバスク添付文書
β遮断薬 アーチスト添付文書

犬の心臓病治療薬の種類は?@犬の僧帽弁閉鎖不全症と拡張型心筋症記事一覧

犬の心不全の治療に使われるACE阻害薬

初めに、心臓をポンプ、血管をホースと考えてみましょう。ホースが狭くなって塞がれてしまうと、ポンプに水が溜まって膨らみ、水を送り出しにくくなります。そうすると、水を送り出そうとして、ポンプに必要以上に負担がかかってしまいます。水の流れを良くするためには、塞がっているホースを広げていくことが必要です。こ...

≫続きを読む

犬の心臓病と利尿薬

犬は、腎臓で血液から老廃物を取り除いて尿を作り、体外に出しています。利尿剤とは、尿を増やして水分をより多く排出できるよう腎臓に働きかける薬で、短期間で効果が出やすいと言われています。心臓病で利尿剤を用いるのは、尿量を増やして水分を体外へ出し、循環血液量を減らすためです。心臓が身体中に送り出す血液量を...

≫続きを読む

強心薬は犬の僧帽弁閉鎖不全や拡張型心筋症の治療に使われる

心臓の収縮する力が弱くなると、心臓から全身へ送られる血液が少なくなり、犬だと元気が無くなるなどの症状が見られるかもしれません。治療のためには、心臓の収縮力を強くして、血液を多く送り出す必要があります。弱った心臓を強く動かすために使われるのが、強心薬です。強心薬にはいくつか種類があり、それぞれの心臓へ...

≫続きを読む

犬の心臓病治療に使われる血管拡張薬は心不全治療薬に分類されます

まずは、ストローと風船について、考えてみましょう。細いストローで空気を入れるときと、太いストローで空気を入れるとき、どちらが息を吹き込みやすいでしょうか?太いストローの方が、楽に息を吹き込めますね。血管も同じで、細い血管よりも太い血管の方が血液を送り出しやすくなります。血管を太くして血液を流しやすく...

≫続きを読む

犬の僧帽弁閉鎖不全の治療で使うβ遮断薬は病状の程度で使用に有無がある

心臓にある「洞結節(どうけっせつ)」は、心臓を規則正しく収縮させ、心拍数をコントロールしています。洞結節では、外部からの刺激を「β受容体」で受け取ります。このβ受容体にノルアドレナリンが結合すると、カルシウムを吸収し始めます。カルシウムを吸収後、洞結節から電流が流れることで、心筋が興奮して収縮するの...

≫続きを読む

フォルテコール@犬の僧帽弁閉鎖不全・猫の慢性腎不全の治療薬

  フォルテコール;Fortekorはベナゼプリル塩酸塩;benazepril hydrochlorideを有効成分としたノバルティス;Novartis社の動物用医薬品で、犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療薬として用いられています。血管収縮、心筋肥大、腎臓での水分や塩分の貯留はアンジオテンシンII...

≫続きを読む

ベトメディン@犬の僧帽弁閉鎖不全症・拡張型心筋症の治療薬

  ベトメディン;Vetmedinはベーリンガーインゲルハイム;Boehringer Ingelheim社の製品で、ピモベンダン;Pimobendanを有効成分とした犬の僧帽弁閉鎖不全症や拡張型心筋症による慢性心不全の症状を改善する治療薬として使われています。ベトメディンは心臓の収縮力を増強する作用...

≫続きを読む


TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬