フォルテコール@犬の僧帽弁閉鎖不全・猫の慢性腎不全の治療薬

フォルテコールは犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状を改善する

 

  

 

 

フォルテコール;Fortekorはベナゼプリル塩酸塩;benazepril hydrochlorideを有効成分としたノバルティス;Novartis社の動物用医薬品で、犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療薬として用いられています。

 

 

血管収縮、心筋肥大、腎臓での水分や塩分の貯留はアンジオテンシンII という物質によって促進されますが、アンジオテンシンII はアンジオテンシン変換酵素(ACE)によってアンジオテンシンI が変換・活性化されたものです。

 

フォルテコールがACE阻害薬と呼ばれる所以は、フォルテコールを投与すると、主成分であるベナゼプリルが活性代謝物のベナゼプリラートへと変換され、アンジオテンシン変換酵素(ACE)に結合して作用を無効化することでアンジオテンシンII の産生を阻害・抑制するからです。

 

     アンジオテンシノーゲン ⇒ アンジオテンシン I ⇒ アンジオテンシン II
                     ↑              ↑
                     ↑              ↑ ←【抑制】 ACE阻害薬:ベナゼプリル
                     ↑              ↑
                    レニン           ACE(アンジオテンシン変換酵素)

 

フォルテコールは、血液中のアンジオテンシンII を減少させることでその影響による血管収縮、心筋収縮力増強、心拍出量の増加、腎臓での水・Na の再吸収などによる心臓や腎臓への負担を軽減する作用があることから、高齢・老齢の犬に多く見られる僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)や高齢の猫に多く見られる慢性腎不全、心筋肥大症(肥大型心筋症)の治療に使われています。

 

通販で買えるフォルテコールの種類と価格

 

フォルテコールは動物用医薬品です。犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療薬として使われていますが、フォルテコールと同じく主成分を塩酸ベナゼプリルとする薬が他にもいくつかあります。ノバルティスファーマのチバセン錠、辰巳化学のタツジピン錠、沢井製薬のベナゼップ錠。

 

これらは人用の医薬品で、チバセン錠がOTC医薬品、タツジピン錠とベナゼップ錠が後発医薬品です。ヒトにおいては、ベナゼプリルの血管拡張作用を期待した高血圧の治療薬として主に用いられていますが、犬や猫では心臓や腎臓などの血流を改善することによる臓器の保護作用を目的に用いられています。

製薬会社

ノバルティスファーマ株式会社

辰巳化学株式会社

沢井製薬株式会社

製品名

チバセン錠

タツジピン錠

ベナゼップ錠

 

人用の医薬品を動物に服用させる場合もありますが、人用と動物用では1錠あたりのベナゼプリル含有量が異なるので使用量の計算をする必要があります。その点、やはり動物用医薬品であるフォルテコールを用いた方が簡便ですよね。でも、フォルテコールは長期にわたって飲ませる治療薬ですから、動物病院で調達するとなると薬代がびっくりするほど嵩んできます。そこで個人輸入の代行を利用してフォルテコールを購入すると、治療薬の費用を安く抑えられるので経済的にも助かるのではないでしょうか。

 

フォルテコール@犬の僧帽弁閉鎖不全・猫の慢性腎不全の治療薬

フォルテコール 2.5mg

フォルテコール@犬の僧帽弁閉鎖不全・猫の慢性腎不全の治療薬

フォルテコール 5mg

フォルテコール@犬の僧帽弁閉鎖不全・猫の慢性腎不全の治療薬

フォルテコール 20mg

メーカー

ノバルティス : Novartis

メーカー

ノバルティス : Novartis

メーカー

ノバルティス : Novartis

主成分

ベナゼプリル塩酸塩

benazepril hydrochloride

2.5mg

主成分

ベナゼプリル塩酸塩

benazepril hydrochloride

5mg

主成分

ベナゼプリル塩酸塩

benazepril hydrochloride

20mg

内容量

28錠 / 箱

内容量

28錠 / 箱

内容量

28錠 / 箱

価格

1箱 : 3,360円

2箱 : 5,562円

3箱 : 7,764円

価格

1箱 : 4,519円

2箱 : 7,764円

3箱 : 11,125円

価格

1箱 : 7,301円

2箱 : 13,559円

3箱 : 19,817円

フォルテコール錠2.5mg添付文書

フォルテコール錠5mg添付文書

フォルテコール 2.5mg を購入する

フォルテコール  5mg を購入する

フォルテコール 20mg を購入する

犬 心臓病 薬 通販

一度に複数ご購入される場合、購入する数に比例して割引額も大きくなり、より格安となります。

 

表示価格はUS$を日本円に換算したものです。海外で販売されているものを(個人輸入の代行業者を利用して)購入しますので、購入するタイミングによって価格が若干変動する場合があります

 

フォルテコールを僧帽弁閉鎖不全症の犬と慢性腎不全の猫に投与する際に

 

フォルテコールの用法と用量

 

フォルテコールは犬と猫とでは体重 1kg あたりのベナゼプリル必要最小量が異なりますが、犬猫ともに1日に投与する回数は1回です。飲ませるのは食前もしくは食後のどちらでも構いません。投与量は、対象動物が犬であるか猫であるか、また、その動物の体重、使用するフォルテコール 1 錠あたりのミリグラム数によって違ってくるので、フォルテコール添付文書をご覧下さい。

    体重 1kg あたり塩酸ベナゼプリルとして 0.25 mg 〜 1.0 mg、 1 回/日投与

    体重 1kg あたり塩酸ベナゼプリルとして 0.5 mg 〜 1.0 mg、 1 回/日投与

 

 

フォルテコールの副作用

 

フォルテコールを投与すると、降圧作用によって極度の脱力状態に陥り虚脱ふらつきが現れることがあります。投与した後は特に初めての場合は動物を注意深く見てあげてください。また、嘔吐下痢軟便が見られることもあります。

 

 

フォルテコールを飲ませる際の注意点

子犬および子猫には投与しない

子犬・子猫での安全性が確立されていないため。

体重 1.25 kg未満の犬および猫には投与しない
妊娠中および授乳中の犬および猫には投与しない

妊娠中・授乳中の動物に対する安全性は確立されていないため。

フォルテコール添付文書より引用

 
ACE阻害薬
血管を広げる効果がある薬として、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)があります。心不全の初期では、比較的、安全性が高いとして使われています。ACE阻害薬は血管を広げることで、血液の流れを改善することができます。血流を良くするために、心臓のポンプ機能に負担をかけたり、エネルギーを浪費しすぎてしまうことなく、血流を改善することができるのです。
利尿薬
犬の心臓病(心臓弁膜症、僧帽弁閉鎖不全症)で利尿剤を用いるのは、尿量を増やして水分を体外へ出し、循環血液量を減らすためです。心臓が身体中に送り出す血液量を少なくできるので、心臓への負担を軽くすることができます。
強心薬
心不全で弱った心臓を強く動かすために使われるのがジギタリス製剤を中心とした強心薬です。強心薬にはいくつか種類があり、それぞれ作用が異なります。ベトメディンはジギタリスと違い、心臓に負担をかけないで弱った心機能の改善が期待できる薬とされています。
血管拡張薬
血管拡張剤は数種類ありますが、いくつか同時に投与することで相乗効果を発揮できます。また、強心薬と一緒に使うことで血液をより送り出しやすくすることができるのです。
β遮断薬
β遮断薬は心筋の収縮を抑えて心臓への負担を軽減できるので、心臓をより長持ちさせることができますが、心臓から出される血液量・心拍数が少なくなり、全身への血液循環が悪くなることも考えらるため、重度の僧帽弁閉鎖不全症の犬にβ遮断薬は不適応とされています。
ベトメディン
ベトメディンは僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)と拡張型心筋症の治療に使われる犬用の心臓病薬です。心臓病を患うと生涯にわたり薬を飲ませ続ける必要があるので費用が嵩みますが、通販(個人輸入の代行)だとベトメディンを動物病院よりもかなり安く購入することができます。

TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬