ベトメディン@犬の僧帽弁閉鎖不全症・拡張型心筋症の治療薬

ベトメディンは心収縮増強作用と血管拡張作用を持つ強心性血管拡張薬

 

  

 

 

ベトメディン;Vetmedinはベーリンガーインゲルハイム;Boehringer Ingelheim社の製品で、ピモベンダン;Pimobendanを有効成分とした犬の僧帽弁閉鎖不全症や拡張型心筋症による慢性心不全の症状を改善する治療薬として使われています。

 

ベトメディンは心臓の収縮力を増強する作用血管を拡張させる作用を持つ強心性血管拡張薬で、心臓のポンプ機能をより効率よくさせる作用があります。

 

 

心臓の収縮力を増強する作用のことを陽性変力作用とも言いますが、これは強心作用のことです。ベトメディンの有効成分であるピモベンダンが、心筋細胞内の細胞収縮にかかわるタンパク質のカルシウム感受性を強めることで心筋の収縮を増強します。

 

 

また、ピモベンダンの血管を拡張させる作用はホスホジエステラーゼIII (PDEV)の阻害によるものです。ホスホジエステラーゼIII は心臓や血管平滑筋内に存在している酵素で、これらの収縮や拡張をコントロールしています。ピモベンダンがホスホジエステラーゼIII の働きを阻害することによって血管が拡張され、さらには、心筋の収縮が増強されます。

 

 

ジゴキシンなど他の強心作用を持つ薬剤(強心配糖体)と違い、ピモベンダンの血管拡張作用・心筋収縮増強作用は心臓の心拍出量や酸素消費量の増加を引き起こすことなく発揮されるため、心臓に負担をかけないで低下している心機能を改善する効果が期待できます。

 

個人輸入で購入できるベトメディンの種類と価格

 

ベトメディンは個人輸入の代行を利用した通販で購入することができます。通販で買えるベトメディンは3種類あり、下の表をご覧いただくとわかりやすいのですが、ピモベンダンの mg数と剤形の違いで選べるようになっています。

 

犬が心臓病になると薬をずっと飲ませ続けなければならないので費用も馬鹿にできません。愛犬のためとはいえ、経済的にも大きな負担となってきますよね。その点、個人輸入だと動物病院で処方されるベトメディンの価格と比べると格段に安いので、金銭的な負担も軽減することができます。

 

ベトメディン・フレーバー錠

1.25 mg

ベトメディン・フレーバー錠

5 mg

ベトメディン・ハードカプセル

5 mg

メーカー

ベーリンガーインゲルハイム

Boehringer Ingelheim

メーカー

ベーリンガーインゲルハイム

Boehringer Ingelheim

メーカー

ベーリンガーインゲルハイム

Boehringer Ingelheim

主成分

ピモベンダン

Pimobendan

12.5mg / 錠

主成分

ピモベンダン

Pimobendan

5mg / 錠

主成分

ピモベンダン

Pimobendan

5mg / 錠

内容量

50錠 / 箱

内容量

50錠 / 箱

内容量

100錠 / 箱

価格

1箱 : 4,056円

2箱 : 7,532円

3箱 : 9,850円

価格

1箱 : 8,923円

2箱 : 15,413円

3箱 : 22,019円

価格

1箱 : 11,009円

2箱 : 20,280円

3箱 : 28,972円

ベトメディン 1.25mg 添付文書

ベトメディン 5mg 添付文書

ベトメディン 5mg 添付文書

ベトメディン 1.25mg を購入する

ベトメディン 5mg を購入する

ベトメディン 5mg を購入する

犬 心臓病 薬 通販

一度に複数ご購入される場合、購入する数に比例して割引額も大きくなり、より格安となります。

 

表示価格はUS$を日本円に換算したものです。海外で販売されているものを(個人輸入の代行業者を利用して)購入しますので、購入するタイミングによって価格が若干変動する場合があります

 

ベトメディンを僧帽弁閉鎖不全、拡張型心筋症の犬に飲ませるにあたって

 

ベトメディンの用法と用量

 

ベトメディンは、犬の体重 1kg あたりピモベンダンとして 0.25 mgを 1 回量とし、1 日 2 回、朝夕おおよそ 12 時間間隔で経口投与します。投与は食餌を与える1時間前くらいに行ってください。

 

これはあくまで目安なので、例えば 1 錠中の成分含有量が 5 mgのベトメディンをお持ちなら、1 錠をピルカッターで4つにカットすることで 1.25mg錠の 4錠分としてで使用することができます。

 

また、 1.25 mg錠と 5 mg 錠を組み合わせて使うこともできるので、ベトメディン添付文書に記載の投与量を参考に服用させてください。

 

ピルカッター

経口投与、  ピモベンダンとして 0.25mg/kg、  朝夕の 2回/日、  12時間間隔

 

 

ベトメディンの副作用

 

ベトメディンを犬に与えると、まれに軽度の頻脈や嘔吐が見られることがあります。これは薬の量に比例して薬の効果と副作用が増してくる用量依存性によるものなので、投与量を減らすことで避けられることがあります。

 

 

ベトメディンを犬に飲ませる際の注意点

体重 2 kg未満の犬には投与しない
食餌のおおよそ 1 時間前に投与する
妊娠中および授乳中の犬には投与しない

妊娠犬・哺乳犬に対する安全性は確立されていないため。
やむを得ず授乳中の犬に投与する場合は授乳を中止すること。

肥大性心筋症あるいは機能的又は解剖学的に心拍出量の増加が見込めない症例には用いない

例:大動脈弁狭窄症

重度な肝障害を有する犬には慎重に投与する

ベトメディン添付文書より引用

 
ACE阻害薬
血管を広げる効果がある薬として、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)があります。心不全の初期では、比較的、安全性が高いとして使われています。ACE阻害薬は血管を広げることで、血液の流れを改善することができます。血流を良くするために、心臓のポンプ機能に負担をかけたり、エネルギーを浪費しすぎてしまうことなく、血流を改善することができるのです。
利尿薬
犬の心臓病(心臓弁膜症、僧帽弁閉鎖不全症)で利尿剤を用いるのは、尿量を増やして水分を体外へ出し、循環血液量を減らすためです。心臓が身体中に送り出す血液量を少なくできるので、心臓への負担を軽くすることができます。
強心薬
心不全で弱った心臓を強く動かすために使われるのがジギタリス製剤を中心とした強心薬です。強心薬にはいくつか種類があり、それぞれ作用が異なります。ベトメディンはジギタリスと違い、心臓に負担をかけないで弱った心機能の改善が期待できる薬とされています。
血管拡張薬
血管拡張剤は数種類ありますが、いくつか同時に投与することで相乗効果を発揮できます。また、強心薬と一緒に使うことで血液をより送り出しやすくすることができるのです。
β遮断薬
β遮断薬は心筋の収縮を抑えて心臓への負担を軽減できるので、心臓をより長持ちさせることができますが、心臓から出される血液量・心拍数が少なくなり、全身への血液循環が悪くなることも考えらるため、重度の僧帽弁閉鎖不全症の犬にβ遮断薬は不適応とされています。
フォルテコール
フォルテコールは犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療に使われている動物用医薬品です。フォルテコールの主成分ベナゼプリルの作用で心臓や腎臓の負担が軽くなるため、心不全や腎不全の進行が抑えられます。治療が必要とされた犬や猫は生涯にわたって投薬を続けなければなりませんが、通販だと格安(最安値)で購入することが可能となります。

TOP 犬の僧帽弁閉鎖不全症 犬の拡張型心筋症 犬の心臓病薬